サッカー東アジアカップ 柿谷勇蔵と工藤曜一朗が代表初ゴール!2013年7月21日「日本VS中国」 - マテリアルハウス

スポンサードリンク

サッカー東アジアカップ 柿谷勇蔵と工藤曜一朗が代表初ゴール!2013年7月21日「日本VS中国」

東アジアカップ2013
ソウルで行われたザック日本 VS 中国の試合は
3-3で引き分けに終わりました。

前半34分:栗原勇蔵(横浜F・マリノス)
後半14分:柿谷曜一朗(セレッソ大阪)
後半16分:工藤壮人(柏レイソル)


柿谷曜一朗選手と工藤壮人選手が
代表初ゴールを決めました!



前半4分で、ペナルティーエリアでいきなり
栗原選手のチャージでPKを奪われる波乱の展開
になります。

ワン・ヨンポにPKを決められ
0-1

しかし前半も終了に近づいた頃
高萩のコーナーキックから始まった
展開を最後は栗原がヘッドで合わせ
日本同点に追いつきます。


j-kurihara.jpg
■栗原勇蔵

後半14分
槙野がサイドからドリブルであがり
クロスから柿谷が代表初となるヘディングシュート
これで日本勝ち越しに成功
します!

j-kakitani.jpg
■柿谷曜一朗

続けて後半16分
勝ち越しゴールを決めた柿谷が
ドリブルでペナルティエリアに切り込み
サイドへフリーの工藤へのパスが通り
日本追加点!


j-kudo.jpg
■工藤壮人

後半36分
駒野のペナルティエリア内でのクリアキックが
中国選手と交錯し、本日2回目のPKを与えてしまいます。
これは、少し厳しい判定だったように思いましたね。
ワン・ヨンポが2個目のPKを決められる。

後半42分
左サイドから右サイド寄りの
クロスを挙げられ、フリー状態でパスが
渡ってしまい、ダイレクトでシュートされ
同点に追いつかれてしまいます。

この間PKのショックで
少し集中力が切れてしまったかな
という感じでした。

結局このままロスタイム5分でしたが
勝ち越すことができず同点で終わりました。

今回の試合は正直
前半の悪い流れを後半の連続ゴール
で逆転し、いい感じだっただけに
かなり悔しい引き分けとなってしまいました。


この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。